趣味を通して婚活を楽しむためにおすすめの方法

婚活を趣味の視点から始める方のためのサイト

コミュニティか、我が道をいくか

インドア派とは言っても、いまはツイッターやフェイスブック、ブログなどで、自分の趣味に関する情報を発信することができますね。
日々読んだ本や観た映画、プレイしたゲームなどの情報や感想、考察などを発信する事で、集まってくるのは所謂「同好の士」です。
只の婚活や合コンと大きく違うのは、元々趣味が合っているという前提で出会えるという点ですね。
特にインドア派趣味の方々であれば、趣味の幅が広い方が意外と多くいらっしゃいます。
話も案外広がっていきやすいんですよ。
ここで二つ、考え方を分けましょう。
もしも同じ趣味の方々の「コミュニティ」に参加する場合、元々リーダー的な方がいますし、皆さん大人の距離感で最初は接してくれるので、気が楽です。
自ら情報発信する場合は、いきなり「婚活の為にやってます」とは書いたりせず、本当に好きなモノで発信するようにしましょう。
その方が、長続きしますし人も集まります。

インドア派婚活の注意点

大前提として、元々「同好の士」として集まっている場所に「結婚相手を探しに来た」という人間が加わったら、それは「場違い」としか思われませんし、トラブルを招きます。
その中で気になる人が出てきたら、まずは他の人と同じ位の程度で接しましょう。
いきなりその人を独占してしまうことは、コミュニティのマナー違反です。

情報発信する場合、あなたともっと深く話したいと思う人も現れると思いますが、その場合もいきなり「会いたい」などと言わない事です。
また、相手に気に入られたいからといってあなたの意見を無理に変えないこと。
相手はあなたの発信した情報や意見に共感しているのですから。
半年~1年はそうしたやり取りをしましょう。
その上で相手から会いたいと話があれば良いですが、そうでなければ、例えば「同じ趣味のコミュニティのオフ会に一緒に参加する」などの方がワンクッション置けておススメです。


この記事をシェアする